占いとカウンセリングの使い分け

悩み事がある時には占いはもちろん、カウンセリングという手も選択肢として存在します。
占いとカウンセリングは相談者の悩みを聞いてサポートするという点で共通しており、非常に密接な関係のものとなります。
実際占い師の中にはカウンセラーの資格を持っているという人は珍しくありません。

それぞれの違いを簡単に言うなれば、占いは悩みに対して外的要因から解決に導くものであるのに対し、カウンセリングは相談者の心理や精神状態の改善に対しサポートしてくれるものであると言えます。
また手軽さにも違いがあると思います。例えば占いは手軽に受けられるという方が多いと思います。カウンセリングというと少し受けに行きにくいという方がやはりまだ多いです。

では占いとカウンセリングどちらを受けるべきかという話ですが、どういう結果になりたいかによって答えは変わってきます。
自分の心理状態だけでなく外的要因への解決策や答えを求めている、つまり細かいアドバイスまでして欲しい場合は占いがいいでしょう。
自分自身が変わっていきたい、自分の内面から解決していきたいというような場合はカウンセリングがいいと思います。

どちらが正解というものはないので、自分が求める答えに合わせて使い分けてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る