レンタカーで交通事故を起こした場合の責任の所在は?

レンタカーで交通事故を起こしてしまった場合、損害賠償の責任などは誰に行くのでしょうか?
もしレンタカーを運転する側ならば、保険の保証内容について必ず事前に確認をしておきましょう。
最近では保険の加入がセットになっているレンタカーが多いですが、その保険の内容を良く確認せずにいると、ちょっとした傷でも大きな損害賠償を支払う責任が出てきてしまいます。

また、レンタカーを運転していて事故を起こしてしまった場合、ちゃんと適切な措置を行なわないと保険が適用されない場合があります。
事故後の措置は普段事故を起こしてしまった場合と同じ、負傷者の救護、警察へ通報、事故相手の確認、保険会社への連絡が必須です。
そしてレンタカーの場合にはもう1つ、最後でいいのでその場でレンタカー店舗への連絡を忘れないようにしましょう!
レンタカー店舗や保険会社の連絡先はレンタカーで出発する前に必ず説明されますから、救護や警察への通報などの必要な措置が終わったら、必ずそれぞれに連絡をするようにしてください。

もう1つやっかいなのが、交通事故の相手がレンタカーだった場合です。
レンタカーであっても事故を起こした運転者が損害賠償責任を負うことになりますが、レンタカー会社が加入している保険会社が運転者に代わり損害賠償の手続きをすることが多いです。
運転者と保険会社のどちらに損害賠償請求をするのかは必ず確認するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る