現代自動車がソナタのエンジン欠落して訴訟に

議論に包まれたシータエンジンは現代ー起亜自動車グループの開発・製造をする直列4気筒エンジンのスチーズ搭載した2011~2012年ソナタの米国消費者から集団訴訟を提起され車を購入した全てのユーザーの修理費用を全額補償することで合意しました。

現代者は補償対象にこの問題ですでに昨年アメリカでリコールした2011~2012ソナタだけでなく2013~2014に生産されたソナタも含めてエンジンの問題がしられていたよりも範囲が広かったのではないかといわれています。

現代自動車がこのような欠陥を隠したまま車両を販売して消費者保護法等関連規定を違反したと主張しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る