新車の事故の買替えは可能?

新車で交通事故に遭った場合、買替えは認められるかどうかをご説明します。

まず、原則としては買替えが認められる為には修理が不能な状態になっていることが第一条件となります。
裁判例による「修理が不能な状態」とは、車両が物理的・経済的に修理不能と認められる状態となった時、または買換えすることが社会通念上相当と認められたときとなっているようです。

買替えが認められたら、買替え費用として車両時価額が、修理可能な場合には修理費用が認められます。
新車ではなく中古車だった場合には、同一の車種・年式・型・同程度の使用状態・走行距離など、近い状態の車を入手する為の費用が認められ、新車に買い替えるということは出来ません。

では新車から新車に買い替えられるのかと言う問題ですが、裁判例によると新車と言えどもナンバープレートが付いて公道で走ることに関係がないこと、登録落ちの分を考慮して新車から新車への買換えは認められていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る