示談交渉の流れの解説

交通事故の示談交渉について解説をされています。
相手の保険会社から提示があった場合と保険会社から提示が無かった場合に大きく分かれてきます。

相手の保険会社から提示があった場合には後遺障害などの等級チェックをおこないます。この等級では低いということであれば資料をチェックし、被害者請求や損害賠償などをおこなっていきます。
問題がない場合には示談交渉がスタートします。

提示が無かった場合には資料を召集や等級のチェックなどを弁護士さんが一からチェックし示談交渉を進めていきます。
相手の保険会社から提示がありますとスムーズに進んでいくことが出来ると解説されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る