示談の金額はどう決めればいい?

被害者と示談を行う際に、提示金額はどう決めればいいのか分からないという方もいるかもしれません。

傷害や痴漢事件などを起こして、こちらに過失があるという場合に、被害者に対して示談の場合にはお金を支払うのですが、金額については特に決められてなくて、相場などを参考にしてもあまり意味がないのです。

示談ができるかどうかは被害者の気持ち次第であり、どんなに高額なお金を払うと言っても被害者が示談に応じなければ、それで終わりなのです。

示談で最初の提示金額は知識や経験が重要であり、低い金額を提示してしまうと被害者が怒ってしまう可能性があるので、弁護士など専門家に相談すると良いでしょう。

民事裁判を起こされたら、客観的な賠償金額の相場を調べて、さらにプラスアルファを載せた金額を提示する事になるのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る